フォト
2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ウェブページ

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

2018年11月 6日 (火)

“舐めてた相手が背負い投げ” 『木村政彦外伝』(増田俊也さん)の堀越英範さんがかっこいい。

きょうは『木村政彦外伝』(増田俊也さん/イースト・プレス)の読書感想文です。

ずいぶん前に『木村政彦はなぜ力道山を殺さなかったのか』の感想文で書いたと思うのですが、
ワタクシ、柔道・格闘技にはほとんど触れずに生きて来たおじさんです。
なので、読書感想文もゆるい感じになっちゃいます。

自分のようなおっさんにとっては、この本でぐいぐい読めたのは
増田氏とたくさんの人との対談の部分でした。
菊地成孔さんとか、吉田豪さんとか、猪瀬直樹さんとか。
「あー、興味ある〜」という方との対談はもちろんオモローなのですが、
ワタクシが全然知らなかった柔道家・堀越英範さんとの対談が
なんと、最も惹きつけられたパートでした。

対談の前に掲載されている「超二流と呼ばれた柔道家」っていう文章も
「おーっ、なんだこの人すげー!」ってなりましてね。
いわゆる“舐めてた相手が…”っていうか。
(※「舐めてた相手が実は殺人マシーン」とかで検索してみてください笑)

──「全日本選手権の三重県予選に出てみいや」と笑いながら言われた。(264ページ)
周りはそんな雰囲気なんだけど…。
なんといっても堀越さんご本人の「技」に対する向き合い方というのがいいんですね。
「技というのは、完璧に入ればどんな選手でも投げられる」。
じゃあ、ということで、完璧な背負い投げをマスターするとか。
それ、やれば間違いないじゃん、というのをずーっとやり続ける。
もちろん、完成しました。いい話なんですよねー。
そして、どんだけ謙虚な人なんだーって!

まあ、ホントぼんやりした感想文ですんませんが。

別の場所、別の時間ではありますが、
同じ柔道に打ち込んで来たお二人の
「あの時はあーだったよね、こっちはこうだったけど、そっちはどう?」
みたいな話しっぷりもよかったです。

あと、増田さんが、堀越さんに脛の筋肉を見せてもらうくだりなんかも
なんだこのおっさんたち、すげーいいじゃん、って。

未読ですが『VTJ前夜の中井祐樹』にも堀越さんのことが書いてあるようなので、
次は読もうと思います。

本書には「赦し」という言葉が時々出て来ます。
この感じって、本書だけじゃなくて、増田さんの著作に共通しているのでは、と思います。
『北海タイムス物語』の時に感じた「自分と違うものを受け入れる」も同じことかなと。

本人は、あとがきに
──完璧でなくたっていい。失敗したっていい。せめて優しい人間になろう。
と書いています。

「失敗したっていい」あたりまでは、まあ、よく聞くフレーズなのかもしれません。
その先「せめて優しい人間に」というのがいいですね。
『木村政彦はなぜ力道山を殺さなかったのか』では読めなかった
著者の「優しさ」をいろんな人に! そんな一冊でありました。

「うんこちんちん」の話もあるけどね!


16com02dg_web

2018年11月 4日 (日)

M36,M37,M38,IC410,IC405,sh2-…続きはWEBで。

03web_2

2018/10/8 2:08~ 長野県下伊那郡阿智村
Zeiss Apo-Sonnar T* 2/135 ZE(F3.2)
Canon EOS 6D(ハヤタ・カメララボ HKIR改造)
ISO1600/3分/33枚
Kenko スカイメモRSにてノータッチガイド
Adobe Camera RAW(現像)
ステライメージ7(コンポジット/レベル補正)
Adobe Photoshop CC 2018

先日、細君が風呂に入っているとき、
プラスチックでできた椅子に座ったら「ばき」と割れちゃったらしいんですが、
その裂け目に、シリが挟まったとのことです。

挟まりますと、どうしていいのか分からず大変困った、と言っておりましたが、
いまだに、油断すると挟まっているようです。

ワタクシも、一瞬油断をして、裂け目にシリが挟まりかけますが、
そこは大変な反射神経とでもいいますか、
腰が引けている、というかシリが引けているというか、
がっつり挟まれることなく、平穏な毎日を過ごしておりまする。



土曜日のことです。
我が家の一階に置いてあるソファーが、
ほとんど「洗濯物置き」となっているので、廃棄してしまおうか、
どうせ、誰も座っていないのだから、と、細君と話をしていると、
聞いていた中学生の娘が
「じゃあ、これから洗濯物はどこに置くの?!」と
激しく問う、そんな場面がありました。

みんなで大爆笑しました。


2018年11月 1日 (木)

大山白山神社拝殿へ。そして、人類の夜明け。

Img_7703

2018/10/21 2:43~ 岐阜県加茂郡白川町
Canon EOS 6D(ハヤタ・カメララボ HKIR改造)
SAMYANG F2.8/12mm ED AS NCS FISH-EYE(F4くらい?)
LEE ソフトフィルタ#3(レンズのうしろ)
ISO5000/30秒固定
Adobe Camera Raw/Photoshop CC 2018
岐阜県の白川町にある大山白山神社に遠征、といえば、
毎度、駐車場での撮影にとどまっておりましたが、
この日は、鳥居をくぐって拝殿まで、長い階段を上っていきました。

地元の方が「やめた方がいいですよ」と言ったのは何かのフラグか、
と思いつつ、強行採決。

なんでも、「獣とか出そうで怖い」とのことでしたが、まあ、いいじゃないの。
ヒグマが出て三毛別、ってことも別にないでしょうし。

そんなわけで、結構な段数の階段を結構な汗をかきながらのぼりました。

ありがたく拝殿にたどり着き、ひぃひぃ言いながら撮ったのが冒頭の一枚です。
しかし! むむっ! この青紫の光は!!!

前回の記事  にも写っていたので、お気づきの方はいらっさるかもしれませんが、
この青紫の光、どうも監視カメラ的なもの、あるいは防犯のセンサー的なもののようです。

駐車場には「ここらへんには監視カメラが設置してあるので、無軌道な行動はとらぬように」
的な注意看板がありました。

そしてですねー、ワタクシが
「今日は、本当に良い夜空でありがたや、ありがたや、
とても楽しく撮影させていただいておりますから感謝の気持ちで、お賽銭を」
と思い、この、賽銭箱への階段を登りますと、
ばしゃーーーっ、とめちゃくちゃな照明が! まじでビビりましたね。

なるほど、賽銭泥棒対策か、と思ったものの、なんとも切ない気持ちになったのでした。



そんなことはともかく、写真にとると、なんでこんな風に写るんですかね。
この青紫の光、現場では、ワタクシには見えてないんですよ。

不気味な青い光ですね。
青いHAL。

すっかりやる気をなくしたワタクシは、階段をおり、
「人類の夜明け」みたいなもんを撮りました。

Img_7711web

2018/10/21 3:02~ 他は一枚目と同じ

そして、ちょっと「大山白山神社といえば」的なものも紹介しておきます。
まず、駐車場にある、とんがった木ですかね。

Img_7671_2

上の写真ですと、右にある三角です。
結構広い駐車場で、南にとんがり木、北に鳥居、といった配置です。
トイレもありますが、使うには勇気がいります。

それと、「女夫杉」。
ここのところの荒天のせいか、ちょっと荒れた感じではありましたが、
なかなかの「夫婦」感ですなー。


Img_7673_4

あと、これとは別に「大杉」っていうのあります。
どうやら、一枚目の拝殿、ここの右に、本殿にいたる階段があるようで、
その途中にあるのが「大杉」のようです。
まじ、夜にちょいちょい撮影に行ってるだけでは、ぜんぜん分からんことですな。

2018年10月28日 (日)

IC410。

Ic410_c2_3

2018/10/8 1:47~ 長野県下伊那郡
KENKO SE200N CR/バーダープラネタリウムRCC1
Moravian Instruments G2-8300FW(-30℃)
IDAS BGRL-RS2
L8枚/R3枚/G2枚/B2枚 各10分
タカハシEM-200/OAG9/Starlight Xpress LodeStar/PHD2
CCDStack2/ステライメージ7/Photoshop CC 2018

久しぶりに記事のタイトルが撮影対象の名称だけっていう。

今回は、LRGB合計で150分という、短かめの撮影でありますが、
何ヶ月ぶりかの長焦点撮影と処理を「楽しんだ感」は格別のものがあります。

明るい対象というのもありますが、処理過程の「迷走」も面白かったです。
あと、ここに至るまでFacebookで天体パイセンとやりとりしたこと、も。

本来は、「もっと色を撮ったら」ということに尽きると思うんですけど、
昔を思い出して画像処理をふんばってみたりもしたし。

撮影当日は、でんでんパイセンも現場におられてたくさんお話してくださいました。
でんでんさんが「今日は何を?」と問うのに
ワタクシが「勾玉じゃない方の星雲です」と答えると、
「あー、おたまじゃくし」と。
なるほどー、これか!と後で気づきました。

それと「よっちゃん最近天体やってるのかなー」なんて話も出ました。

「この人、すげーなー」って、一緒に楽しんだ人、たくさんいらっしゃいますが、
中には「最近どうしてるんでしょうね」と話題になる人も。
それぞれお仕事とかがんばって、少し天体写真から離れなきゃならぬ時期なんでしょう。
みなさんお元気でしょうか。

ワタクシはこのごろ、あんまり「SE200Nとモラビアン」じゃないですが、
都市星景とか、カメラレンズでの撮影とか、形をかえて楽しくやってます。
ほんでも、たまにこうやって活動できるのは、楽しいなあー。

2018年10月25日 (木)

1000mm構図DIGって、ケフェウス座のLBN491だと思う。

Web

2018/10/7 21:23~ 長野県下伊那郡阿智村
KENKO SE200N CR/バーダープラネタリウムRCC1
Moravian Instruments G2-8300FW(-30℃)
IDAS BGRL-RS2
L12枚/R4枚/G4枚/B4枚 各10分
タカハシEM-200/OAG9/Starlight Xpress LodeStar/PHD2
CCDStack2/ステライメージ7/Photoshop CC 2018


良かれと思って、トミーズの「あん食」とか
バローの食パンを焼いたのに「バターとあんこ乗せ」とかを
細君に与えていたこの数ヶ月ですが、
細君から「あんこはあんまり好きじゃないなー」なんて最近言われました。
てへ。

そんな細君が、絶対に好きじゃないケフェウス座にあるLBN491です。
左にある赤い星雲がそれで、
その他、右下に絶妙な星雲があったりするのですが、
カタログナンバー的なものはさっぱりわかりません。

他人の撮った広い写真をアストロアーツ氏の「ステラナビゲータ」に貼って、
さて、1000mmにモラビアンの8300ではどのような面白いところが…
と、構図をDIGっていたら見つけたところです。

左に赤いスジスジ星雲、右に暗黒帯、
なんなら青と黄の恒星をちりばめて、
という狙いではあったのですが、
暗黒帯がちょっと拡散した感じがして、あまりいい対比にはなりませんでした。
広角の作例を見ていると、いかにも「締まった暗黒帯」と感じるのですが、
長焦点だと、そういうわけでもないんですね。

ホントのところ、
650mmのBKP130の方がもうちっとバラエティな構図になるので、
BKP130での撮影を予定していたのですが、
ちょっと調整に戸惑ってしまって、遠征には連れて行けませんでした。



24com2dg_4web

「カシオペア座」

2018/10/7 21:36~ 長野県下伊那郡阿智村
Zeiss Apo-Sonnar T* 2/135 ZE(F3.2)
Canon EOS 6D(ハヤタ・カメララボ HKIR改造)
ISO1600/3分/24枚
Kenko スカイメモRSにてノータッチガイド
Adobe Camera RAW(現像)
ステライメージ7(コンポジット/レベル補正)
Adobe Photoshop CC 2018

2018年10月22日 (月)

大山白山神社の星空。

Img_7715

2018/10/21 3:07~ 岐阜県加茂郡白川町
Canon EOS 6D(ハヤタ・カメララボ HKIR改造)
SAMYANG F2.8/12mm ED AS NCS FISH-EYE(F4くらい?)
LEE ソフトフィルタ#3(レンズのうしろ)
ISO5000/30秒固定
Adobe Camera Raw/Photoshop CC 2018


この大山白山神社は、
天体写真を始めたばかりのころよく通っていた場所で、
高確率で曇られる、という印象があります。

が、気の抜けたここ2年ほどは、行けばだいたい晴れていて(!)
かといってちゃんとした完成を見ることのない画像データを量産する、
という微妙な遠征地であります。

そういう場所って、みなさんないですかね?

が、まあ、そんなことはどうでもよろしい。

とはいえ、ここではちゃんとした星景写真を撮ってみたいものであるなあ、
と思っていたわけで。
というのも、この鳥居をくぐって階段があるじゃないですか。
これ登って上行ったら、すごそうじゃないですか?


当日、地元の方がオリオン座流星群を見にやってきました。
ちょうど月が沈んだころでした。

その方に「この階段を登ったことありますか? 上はどうなってます?」
と尋ねたところ、
「行ったことないです。いつもここ(駐車場)だけ。やめた方がいいですよ」
とのお答え。

早速登りましたね(笑)
まあ、そこの写真は次回に。

Img_7664

まだ月が元気なころ。

2018/10/21 1:10~ 岐阜県加茂郡白川町
Canon EOS 6D(ハヤタ・カメララボ HKIR改造)
SAMYANG F2.8/12mm ED AS NCS FISH-EYE(F4くらい?)
ISO2500/20秒固定
Adobe Camera Raw/Photoshop CC 2018

2018年10月18日 (木)

月と火星。池原神社。

Img_7645

2018/10/18 21:25 岐阜県多治見市大原町
Canon EOS 6D(ハヤタ・カメララボ HKIR改造)
TAMRON SP 15-30mm F/2.8 Di VC USD A012(30mm/F5.0)
ISO800/4秒
Adobe Camera RAW(現像)
Adobe Photoshop CC 2018


月と火星が近づくっていうじゃないですか。

会社帰り、電車から降りて空を見たら、月と火星が近いじゃないですか。

 ── ヒップホップはすべてのエリアに拡がっていくべきです。
     可能であれば、火星にも。── ケンドリック・ラマー氏
         (NHK NEWS WEB「ケンドリック・ラマーは語る」2018/9/10)


この池原神社では、こないだ例大祭があったばかりで、
そりゃ当時は大変なことになっていましたが、すでに落ち着いておりました。

駐車場には車が数台停まっておりまして、デートなんですかね。
ただ、ワタクシが自転車で乗り込んでいったところ、マジ全員いなくなりました。

撮影中も2台ほどやってきましたが、「なんかおっさんみたいな河童がいる!」
って感じで、すぐにいなくなりましたね。

サーセンねー。

月が真っ白まんまるく飛ばないように、いろんな条件で撮影して、
合成したらええのかなあー、とか思っていました。

しかし、「適切な露光」と思われるものがあれば、一枚でもいけるじゃん、
ということが分かりました! って自慢げに言うことか、って感じですけどね。

短かすぎてもだめ、長すぎてもだめ、
あー、ワタクシはそういうところが、まだまだなんだなーと思いました。
現像のときになんとでもなる、なんていうのは、結構な落とし穴なんですね。

2018年10月16日 (火)

地方都市星景38。「根本のコスモス。根本医院もあるよ!」。

New4

2018/9/27 22:24~ 岐阜県多治見市高根町
Canon EOS 6D(ハヤタ・カメララボ HKIR改造)
TAMRON SP 15-30mm F/2.8 Di VC USD A012(15mm/F5.6)
ISO400/13秒×158枚(比較明合成)/RAW
ステライメージ7/Photoshop CC 2018
移動:電動アシスト自動車


Img_7104


「根本愛郷会」が手入れをしているらしい、コスモス畑。
夏はヒマワリが一面にあったかなー、などと曖昧な記憶。

夏の終わり、夏の大三角が沈む「根本医院」とともに。

2018年10月 8日 (月)

今年の「晴れ」を一晩で使い尽くしたと思われる10/7天体写真撮影遠征。

Img_7548_3

2018/10/8 0:24~ 長野県下伊那郡
Canon EOS 6D(ハヤタ・カメララボ HKIR改造)
SAMYANG F2.8/12mm ED AS NCS FISH-EYE(F2.8)
ISO6400/30秒固定

天体おっさんに割り当てられている「晴天」の総量が決まっているとすれば、
10月7日の遠征では、今年の「すべての晴天」を使い果たした、と言っても
過言ではないが言い過ぎではある(by 坂田明さん)一夜であった、
と言わざるを得ない状況であったと、言わざるを得ないのが現状です。

何が面白いって、
会う天体おっさんすべてが「久しぶりなのでこんなトラブルが」
というネタを持っていたということ!

やれ「真っ暗だと思ったら鏡筒にフタつけたまま」だの
やれ「ソフトの使い方忘れた(主にステラショット笑)」だの
やれ「導入に2時間かかった」だの(これはワタクシ)
やれ「デジカメがエラー出した」だの。

とゆーよーなことがありましたが、
みなさん笑いとばしてましたね。それくらい、良い晴天でした。

Img_7616

2018/10/8 4:23~ 長野県下伊那郡
Canon EOS 6D(ハヤタ・カメララボ HKIR改造)
TAMRON SP 15-30mm F/2.8 Di VC USD A012(15mm/F2.8)
LEE ソフトフィルタ#3(レンズのうしろ)
Kenko スカイメモRSにて恒星時1/2追尾
ISO6400/60秒/RAW
Photoshop CC 2018


カシオペア座から直立する天の川。
はくちょう座が沈むと、秋の直立天の川になるんだなー、と思いながら。

ちょっと星が流れた感じなので、恒星時1/2追尾じゃなくてよかったかなー。
前景はシルエットだしね。


Img_7623


2018/10/8 4:39~ 長野県下伊那郡
Canon EOS 6D(ハヤタ・カメララボ HKIR改造)
TAMRON SP 15-30mm F/2.8 Di VC USD A012(15mm/F2.8)
LEE ソフトフィルタ#3(レンズのうしろ)
Kenko スカイメモRSにて恒星時1/2追尾
ISO6400/30秒/RAW
Photoshop CC 2018

明け方にはいよいよ「しし座」が。そして黄道光。
たぶん、今年はもう晴れないでしょう。
この日のような「朝まで快晴、その他撮影条件よし」という日は
何年ぶりなんでしょう。

たくさんの天体おじさんが集いました。
たくさんお話しました。
久しぶりなので、今までたまったネタをすべて話してましたかねー。
そして、意外なことに「地方都市星景おもしろい」って言ってくださるのがうれしかったです。
あー、楽しかった!

2018年9月30日 (日)

地方都市星景37。「バローグループ 中部フーズ本社と、多治見市高根町秋の景色100万ドル。」。

New2web

2018/9/27 21:27~ 岐阜県多治見市高根町 中部フーズ本社
Canon EOS 6D(ハヤタ・カメララボ HKIR改造)
TAMRON SP 15-30mm F/2.8 Di VC USD A012(15mm/F9)
ISO800/13秒×147枚(比較明合成)/RAW
ステライメージ7/Photoshop CC 2018
移動:電動アシスト自動車

タイトルの「100万ドル」のくだりは、まあ。意味はありません。

この「中部フーズ」本社周辺には、
なんかよく分からない「バローグループ」の社屋のようなものが集中していて、
ワタクシの「地方都市星景」的には格好の餌食(笑)でありますが、
ようやく撮影のチャンスがやってきましたね。
絶対に、はずせない領域です。

そして秋の景色。
右に彼岸花の赤。
左は田んぼの緑。(刈りおわってるから雑草なの?)
月明かりで青い空に目をやると、こと座が沈もうとしているところです。

それから、画面中央、真正面の明かりは、信号機なんですねー!はっはhっは。


「地方都市星景」とか言い出してそろそろ1年になろうとしています。
そういえば、1年前「あー、根本小学校の子どもたちが大原川に彼岸花植えてるんだー」
って、多分、地元の人以外にとって、どうにもコメントしようがないことを発見しました。

そんなわけで、彼岸花。
って、ここも小学生たちが手入れしてんのかな?よくわかんないけど。


そんなわけで(その2)、いい季節になりました。
今日は台風来てますけどね。
そんな季節は、外に出て、地方都市星景の「下見」を兼ねて買い物に行っています。

それらをもとに、撮影した星景もあります。
そして、これから撮るかもしれない、そんな風景もあります。

Img_7135

Img_7082

Img_7143

Img_7112

«地方都市星景36。「高根町のレンコン畑。火星いったら何育てる?」